賢く考えよう!金利について

カードローンの金利の仕組み

カードローンを利用した際には、期間限定や初回限定の金利無料などの特別場合を除いて必ず金利があります。カードローンにおける金利は利息制限法という法律によって18.0%が上限となっています。実際の金利に関してはカードローンの業者や金額によって変わってくるので、必ずしも18.0%の金利が必要ということではありません。実際、利息制限法では10万円から100万円未満が18.0%を金利の上限にしていますが、100万円以上の場合は金利の上限は15.0%が上限です。
カードローンの広告などを見ると金利何%~何%といったように、差がありますがこれは借りる金額に加えて信用度にもよるので借りる際はよく注意しておかなければならないポイントです。

まとめた方が金利がお得

カードローンの金利は、何度も利用している場合には金利を下げてもらえることが多いですが利用回数が少ない場合は基本的にそのカードローン業者の上限金利になると考えたほうが良いです。
金利をお得にする方法はないのかというと結論から言うと利用方法によってはあります。ある程度まとまった金額を借りたいという場合には、小分けにして借りるのではなくまとめて借りた方が金利はお得です。どのようなことか例にすると、200万円を20万円×10回で借りるよりも200万円を一度に借りてしまった方が借りた金額は同じでもトータルの返済額は200万円をまとめて借りた方が少ないということです。高額融資を利用する際は金利の違いについてもよく判断した上で借りることが大切になります。