これで怖くない!借入れ診断とカードローン審査について

お金を融資してもらえるのか判断

借入れ診断は、現時点でお金を融資してもらえるのか簡易的に判断してもらえます。ちょっとした情報を入力もしくは提供することがほとんどなので、簡単に診断を受けられます。診断結果でいい結果を出すことができた方は、そのまま審査を受けても融資を受けられる可能性が高まるでしょう。しかし残念な結果になってしまった時は、審査を受けても融資を受けられる可能性が極めて低いので注意です。
電話もしくはカードローンを実施している銀行や消費者金融のホームページで、借入れ診断を受けられます。日々忙しい時間を過ごしている方も少しの時間を利用して、借入れ診断を受けられるため、すでに多くの人が借入れ診断で、融資可能か判断しています。

収入と信用情報が大きなネック

カードローンの審査は、まず安定した収入を確保しているのか確認をしています。安定した収入を確保している方は、融資しても遅延や滞納の可能性が低いと判断されます。銀行や消費者金融にとって、リスクの少ない人物として証明できるので審査を通過しやすいです。特に多くの収入を確保している方は、利用限度額を高めに設定してもらいやすく、多額の融資を期待出来ます。
その他にも信用情報が重要で、信用情報にキズが付いている方はリスクの高い人物として判断されます。信用情報にキズがつく条件として、遅延や滞納の他に債務整理を過去に行ったことがある方が前提です。もしもキズが付いている方は、一定期間経過すれば、信用情報のキズが解消されるので、悪い影響を与えないで済みます。